内科一般

内科一般:院内の様子

内科一般について

当クリニックでは内科一般を幅広く診療しております。

診療している疾患を記載致しますので、症状があてはまる方は、以下をご参考下さい。
また、 記載が無いものに関しても、出来るだけ診察させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

  • ・高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風、高尿酸血症等の生活習慣病
  • ・メタボリックシンドローム(代謝症 候群)、内蔵脂肪型肥満、高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上を合併した状態の方
  • ・風邪(かぜ)、感冒、インフルエンザ、気管支ぜんそく等の呼吸器疾患
  • ・インフルエンザ予防接種・迅速診断・ 抗ウイルス剤(タミフル、リレンザ処方)

※(当クリニックではCT・MRIはございませんので、ご了承下さい)

消化器科・胃腸科

当クリニックでは、院長の専門分野である消化器科、胃腸科に特に力を入れております。

消化器内視鏡(胃カメラ/大腸カメラ)に関しては、大学病院、総合病院等で、長年の実績を培った技術と、迅速な診断を基に多くの患者さんから好評を得ており、これまでに、胃・大腸内視鏡共に18,000件以上の検査を行っております。

下記の症状がある場合にはお気軽にご相談下さい
  • ・腹痛、胃痛、下腹部痛、腹部膨張感、腹部違和感、胸やけ、食欲不振、吐き気、嘔吐、味覚障害、その他
  • ・下痢、便秘、軟便、残便感、泥状便、血便、その他
  • ・胃がん検診または大腸がん検診にて要精検査が必要な方
  • ・特に症状がなく、胃カメラ/大腸カメラ検査をご希望の方
胃・大腸内視鏡検査

特殊な目的の内視鏡も他にも多数ありますが、胃・大腸内視鏡が最も一般的に行われている検査です。

この2種類の内視鏡で胃がんと大腸がんのスクリーニングを行います。胃がんや大腸がんは決して珍しい病気ではありません。大腸がんは食事の欧米化に伴い増加傾向にあります。大腸がんは40代から急増し、60代がピークと言われています。
そのため40歳を過ぎたら大腸がんの検査を定期的に行うことをおすすめします。
一方、胃がんはこれまで日本人の死亡原因のトップでした。しかし、最近がん自体が増えてきているため、相対的にがんの中で胃がんを占める割合は減少してきていますが、発症数は決して減少している病気ではありません。

がんは恐い病気ですが、早期発見できれば治る可能性が高い病気です。年に1度は内視鏡検査を行うことが早期発見、早期治療にもつながります。

胃・大腸内視鏡検査

各種健康診断・各種検査

当クリニックでは、患者さまのご要望に対応し、様々な健康診断を行っております。料金は内容によって異なります。

当クリニックで受けられる健康診断

  • ・特定健診
  • ・雇用時検診(就職、転職)
  • ・入試時検診(入学試験、編入試験、留学時)
  • ・各市町村健康診査
  • ・基本検診/人間ドック検診

当院でできる検査内容

肝機能検査 胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査
動脈硬化機能検査 心電図検査 エコー検査
基本検診及び人間ドック検診 - -

提携医療機関

当クリニックでは、中頭病院、県立中部病院、中部徳州会病院、豊見城中央病院と提携しており、入院、手術等などの必要な患者さまに対して、速やかに対応させて頂いております。

お問い合わせ:ご質問やご相談はお気軽に お問い合わせはお電話で 098-937-1515